×
検索

第5課 祈りとは何ですか?

祈りは神に話すことです。神は、私たちが祈るのを待ち、祈りに答えようと準備しています。聖書から祈りについて学んでいきましょう。

はじめに祈りましょう。
「神さま、あなたが今日、聖書のことばを通して、私に語ってください。私にあなたが語ろうとすることを、私が理解できるように、神さま、あなたが語ってください。アーメン。」

ナホム1章7節
7 主はいつくしみ深く、苦難の日の砦。ご自分に身を避ける者を知っていてくださる。

Q: この箇所からわかる、神の性質を3つあげてください。

Q: この箇所から、私たちの行動を変えるべきことはありますか?

1ペテロ5章7節
7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

ピリピ4章4,5,6節
4 いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。5 あなたがたの寛容な心が、すべての人に知られるようにしなさい。主は近いのです。6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝を持ってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

Q: 私たちが思い煩うとき、どのようにその心配に対処するように、神は願っていますか?

1テサロニケ5章16,17,18節
16 いつも喜んでいなさい。 17 絶えず祈りなさい。 18 すべてのことにおいて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

Q: この3つの命令は、どのように関連しているでしょうか?

1ヨハネ5章14,15節
14 何事でも神のみこころにしたがって願うなら、神は聞いてくださるということ、これこそ神に対して私たちが抱いている確信です。 15 私たちが願うことは何でも神が聞いてくださると分かるなら、私たちは、神に願い求めたことをすでに手にしていると分かります。

Q: 神が聞いてくださる祈りとは、どのような祈りでしょうか?

ローマ8章26,27節
26 同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。 27 人間の心を探る方は、御霊の思いが何であるかを知っておられます。なぜなら、御霊は神のみこころにしたがって、聖徒たちのためにとりなしてくださるからです。

Q: 私たちが祈るとき、聖霊(神の御霊)はどう助けてくれるのでしょうか?

ヘブル4章14,16節
14 さて、私たちには、もろもろの天を通られた、神の子イエスという偉大な大祭司がおられるのですから、信仰の告白を堅く保とうではありませんか。 16 …ですから私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、折にかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

1テモテ2章5節
5 神は唯一です。神と人との間の仲介者も唯一であり、それは人としてのキリスト・イエスです。

ヨハネ14章13,14節(イエスのことば)
13 またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは、何でもそれをしてあげます。父が子によって栄光をお受けになるためです。 14 あなたがたが、わたしの名によって何かをわたしに求めるなら、わたしがそれをしてあげます。

Q: 祈りが答えられるとき、どのように神は栄光を受けるのでしょうか?

詩篇66篇18節
18 もしも不義を私が心のうちに見出すなら、主は聞き入れてくださらない。

詩篇145篇18節
18 主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに、主は近くあられます。

Q: 私たちが祈るとき、私たちが持つべき心の態度とはどのようなものでしょうか?

詩篇62篇5,6,7,8節
5 私のたましいよ、黙って、ただ神を待ち望め。私の望みは神から来るからだ。 6 神こそ、わが岩、わが救い、わがやぐら。私は揺るがされることがない。 7 私の救いと栄光は、ただ神にある。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。 8 民よ、どんなときにも神に信頼せよ。あなたがたの心を、神の御前に注ぎ出せ。神はわれらの避け所である。

Q: この箇所によると、祈るとき、どのように私たちは神を信頼するべきでしょう?

第5課をプリントアウトしてください。
このページから離れると、今書かれた内容は消えてしまいます。

あなたと神との関係は始まりました。続けてイエスへの信仰によって歩んでいきましょう。クリスチャンの人生は一生涯、続くものです。神は充実した意義深い人生をあなたに用意しています。またこのサイトの他の記事も続けてお読みください。