比類なき神の愛

神との関係は、あなたが今まで経験してきた人間関係とはまったく違います。神の愛は他には見られない比類nのない愛です。それは「無条件」の愛です。神は条件抜きであなたを愛しているのです。

「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちにいのちを得させてくださいました。それによって神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し…」(1ヨハネ4:9-10)

多分あなたが今まで経験してきたのは、条件つきの愛だったと思います。条件つきの愛は人の行いによって左右されます。仕事がうまく行った。チーム内で活躍した。人間関係でうまくやれた。…だからあなたは愛される。これが条件つきの愛です。

キリストを信頼してあなたの人生に迎えたとき、あなたは全面的な愛と受容を発見したのです。もし今までに人から全面的に愛され受け入れられた経験がなければ、神からの全面的な愛と言われても、すぐにはピンとこないかもしれません。でもこれは真実です!ただし、いつでも神の愛を感じることができるとは限りません。時には神の愛だけではなく、神の存在すら疑ってしまう時だってあるのです。クリスチャンを辞めたくなる時もあるかもしれません。でもあきらめないでください!

イエスは地上の生涯を家畜小屋でスタートさせました。きつい匂いが漂う汚れた家畜小屋です。イエスは人間社会の生活の現実を肌で感じとったのです。そんなイエスが、あなたが新しく始めたクリスチャン人生の中で「わたしはいつもあなたと一緒にいる」と約束しているのです。

神は言います。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに真実の愛を尽くし続けた。」(エレミヤ31:3)

生きていくことは苦労の連続です。「いつまでこれが続くのだろう」と感じる時、神があなたを愛していると知っているなら、前進する力が与えられるのです。

「私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いたちも、支配者たちも、今あるものも、後に来るものも、力あるものも、高いところにあるものも、深いところにあるものも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。」(ローマ8:38–39)

私たちの信仰の基盤は、神が神ご自身に関して人間に明らかにしている聖書のことばです。特に私たちに対する神ご自身の愛を信じてほしいと、神は願っています。

「主を恐れる(敬う)者と御恵み(尽きない愛)を待ち望む者とを主は好まれる」(詩篇147:11)
「主の目は主を恐れる者に注がれる。主の恵みを待ち望む者に」(詩篇33:18)

神から「わたしの心にかなった者」(使徒13:22)と称されたダビデ王は神の愛に信頼していました。

「私はあなたの力を歌います。朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。私の苦しみの日に、あなたが私の砦、また、私の逃れ場であられたからです。私の力よ。私はあなたにほめ歌を歌います。神は私の砦、私の恵みの神であるからです。」(詩篇59:16−17)

あなたに対する神の愛をもっと理解するために、これからの数週間、詩篇103篇、ヨハネの福音書15章、ヨハネの手紙第一4章を読んでみてください。そこに記されている神の愛を書き留めてみましょう。

(新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会)